スポーツ

国枝愛(車いすテニス国枝慎吾)のプロフィールや馴れ初めを調査!

東京パラリンピックの車いすテニスで出場するレジェンド、国枝慎吾選手のメダル獲得が期待されています。

国枝選手を食とメンタルでサポートしているのが奥様の愛さんです。

愛さんは自身のインスタグラムで、見た目もカロリーも抜群の食事をいつも投稿していらっしゃいます。

今回は国枝選手をサポートする愛さんについて

・国枝愛のプロフィール

・アスリートフードマイスター国枝愛の手料理

・国枝慎吾選手と愛さんの馴れ初め

 

以上のテーマで記事を書かせて頂きます。

国枝愛のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ai Kunieda 国枝 愛(@ai_meshi3241)がシェアした投稿

名前 国枝愛
生年月日 1983~1985年(国枝慎吾選手と大学の同級生)
出身校 麗澤大学(れいたくだいがく)

国枝愛さんはアスリートの奥様といっても一般人です。

公開していらっしゃる情報としては多くはありません。国枝選手を食の面でサポートするためにアスリートフードマイスター3級を取得していらっしゃいます。

美人で料理が得意な愛さんが奥様とは、国枝選手うらやましいですね。

海外遠征の多い国枝選手に帯同して海外に行くことも多いようですが、世界で戦っている国枝選手が唯一、弱音を吐けるのが愛さんのようです。

メンタル的にも献身的に国枝選手を支えていらっしゃるのですね。

大学が国枝選手と同じ麗澤大学ですが、国際学部があり国際交流が盛んな大学という印象です。もしかすると愛さんは元々、海外で活躍できるお仕事を考えていらっしゃったのかもしれません。

まさかアスリートの奥様になるとは思っていなかったでしょうが、大学で学んだことは今に生かされているのではないでしょうか。

アスリートフードマイスター国枝愛の手料理

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ai Kunieda 国枝 愛(@ai_meshi3241)がシェアした投稿

アスリートフードマイスター

一般社団法人日本アスリートフード協会が認定する民間資格であり、アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・競技別・タイミング別に、最適な食プログラムを提供する人材のこと。

【取得している有名人】

田中将大の妻:里田まい

涌井秀章の妻:押切もえ

増嶋竜也の妻:潮田玲子

愛さんは、自身のインスタグラムに美しく、バランスの取れた食事を投稿していらっしゃいます。

バイキングかなと思えるぐらい、お皿がたくさん並んでます。私自身、栄養の知識がほとんどありませんが、複数の栄養を少しずつバランス良く取るのがいいのでしょうね。

前から何故、インスタグラムに食事を投稿するのだろう?と疑問に思っていたのですが「いつ」「なにを」「どのように」食べたら良いかを分かりやすく、伝えることもアスリートフードマイスターの大事な役割のようです。

そのような記録をインスタグラムで活用しているということなのでしょうね。

もちろん、それを見て一般の方が料理の参考にもできるという活用方法もありますよね。

間違っても一般の旦那様がフードマイスターが作った食事の写真を奥様に見せて作ってもらおうとしたら、かなりのプレッシャーになるので平和のために止めておきましょう。

国枝慎吾選手と愛さんの馴れ初め

国枝選手と愛さんは麗沢大の同級生でテニスサークルで知り合ったようです。

結婚したのは2011年ですから国枝選手が27歳の時ですが、愛さんは国枝選手がどれほどすごい選手かは知らなかったようです。

「でも、自分で稼げる人というのは感じとれた。将来に不安はなかった」

当然、国枝選手が車いすの生活ということはわかっていての結婚だったわけですから、先のことや、車いすの生活が大変ということよりも、お互いが惹かれあっていたのでしょうね。

国枝選手はトレーニングを受けて歩行機能が少し回復してきているとの情報もあります。選手を引退したら、歩行のトレーニングを重視されていくのではないでしょうか。

お二人でしたら、どんな困難でも乗り越えれそうですね。

まとめ

今回は「国枝愛(車いすテニス国枝慎吾)のプロフィールや馴れ初めを調査!」について記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

●国枝愛さんはアスリートフードマイスター3級を取得している

●愛さんは国枝選手を食とメンタル面でサポート

●愛さんはアスリートフードマイスターとして記録、管理のためにインスタグラムに食事の写真を投稿している

●国枝選手と愛さんは麗沢大の同級生でテニスサークルで知り合った

国枝選手は37歳での東京パラリンピックの車いすテニスになります。年齢的にも引退を考えていらっしゃるかもしれません。

約10年間、愛さんがサポートしてきた集大成として何としてもメダルを獲得して欲しいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。