商品レビュー

初心者でもわかるWiFi 無線LAN ルーターの選び方とBUFFALOルーターレビュー

こんにちは、ねこマスクです。

これまで使っていたWifi無線LANルーターの調子が悪くなってきたので買い替えを行いました。

久々の買い替えということもあり、選び方を調べつつ購入したので記事を書いてみたいと思います。

 

 

WiFi 無線LAN ルーターとは

 

パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ、プリンターなどをインターネットに接続する機器のことです。

ケーブルで繋ぐ「有線」ネットワークと違い、ケーブルを使わず「無線」で通信できることが特徴です。

 

WiFi 無線LAN ルーターを使う為に必要な環境

 

※インターネット回線(モデム)があることが大前提となります。

 

 

WiFi 無線LAN ルーターの選び方

 

いざ、WiFi 無線LAN ルーターを購入しようとしても種類が多く、型番を見ても聞きなれない数字とアルファベットが羅列しています。知識無しで自分に合ったモデルを購入するは至難の業です。

 

ねこ
ねこ
選ぶポイントをわかりやすく説明させて頂きます!

 

メーカー 選び

 

ルーターを購入する前に幾つかのメーカーのユーザーレビューを見てみました。初期不良があったというレビューを結構、目にしたのでなるべく信用あるメーかーから購入したいと考えていました。

 

 

無線LANその他(中継器含む)メーカーシェア (2018年10月)

バッファロー 61.1%
TP-LINK Technologies 22.5%
NEC 5.8%
エレコム 5.0%
その他 5.6%

引用 「BCNランキング」

 

 

レビューを見る中でバッファロー製は「安定している」との声が多くシェア率が1位でユーザーから評価の高いメーカーだとうかがうことができました。

結果、Amazonを使いバッファロー製を購入することに決めました。メーカー動作確認済みという所も購入ポイントの一つです。

 

ねこ
ねこ
安心感を求める方はメーカー指定で買われるようです。

 

通信規格

 

Wi-Fiは、最新の規格ほど高速で安定した通信 ができます。 通信規格は「IEEE802.11ac」などと表記されますが、11と最後のアルファベットだけを取り出して書くこともあります。「11ac対応」といった具合です。

2019年現在、主流の規格は 「11ac」でありほとんどのスマートフォン、Wi-Fi接続機器に対応しています。 そのため、直近3~4年以内にスマホを買い替えている場合、「11ac対応」ルーターを選んでおけば間違いありません。

「11ac」よりさらに速い、次世代の規格が「11ax」です。 「11ac」より理論速度が約1.5倍、実行速度(体感速度)が4倍以上と高速になります。

今後、使用する機器が増えたり、これからスマホを買い替える場合 、AC対応よりAX対応 にしたほうがサクサクしたWi-Fiを使えます。

 

速度

 

Wi-Fi無線LANルーターのパッケージには「◯◯ + ◯◯Mbps」という数字が書かれています。これは、通信の最高速度を表しています。「合計速度が大きいほど速い」 です。

 

 

上の画像の場合「11acで最大866Mbpsのスピードで通信できますよ」「n/g/bの通信なら最大300Mbpsですよ」という説明になります。

最近のスマホやパソコン、ゲーム機を繋ぐ場合には、数値が大きい方(acの方)が適用されることになります。

 

ねこ
ねこ
快適にインターネットを楽しみたければ、11acで「850Mbps」以上あるといいですね。

 

接続台数

 

Wi-Fi無線LANルーター選びは、同時接続台数が多いモデルがおすすめです。

同時接続数は、Wi-Fi無線LANルーターが同時にデータの送受信をできる端末の数です。同時通信可能な端末の数だけ回線が確保されるので、データの順番待ちが起きにくいメリットがあります。同時に複数の機器をインターネットに接続することが多い方は同時接続台数を考慮して選びましょう。

 

ねこ
ねこ
但し必要以上にスペックを上げると値段もそれなりになりますので注意しましょう!

 

 

自宅の広さ(間取り)

 

速度と接続台数で絞りこんだら、最後は、自宅の広さや間取りに合ったルーターを選びます。

1ルームから1LDKまでは、「規格・速度」「接続台数」のみで選んで問題ありません。

3LDK以上や2階以上の建物の場合、1台のルーターだけではつながらない部屋や場所が出てくる可能性が高いため、メッシュWi-Fi対応ルーターの検討も必要になってきます。

 

BUFFALO『AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4』スペック

 

今回、私が購入したWiFi 無線LAN ルーターは、バッファローの『AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4』です。

 

メーカー BUFFALO(バッファロー)
商品重量 265g
本体サイズ 55(幅)×131(奥行)×159(高さ)mm
消費電力 10.8W(最大)
保証期間 1年
インターフェース (無線)11ac/n/a/g/b (有線)最大100Mbps


 

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーターを実際に使ってみての感想

 

第一印象

 

非常にコンパクトで軽い。

元々、使っていたルーターより小型になったのは好印象でした。

 

ねこ
ねこ
使っていたルーターは白で汚れが気になってましたので今回は黒を選びました。

 

 

 

接続にかかった時間

 

箱の開封から接続まで30分かからなかったと思います。

接続に関して不明な場合は、お客様問合せセンターもありましたが使う必要はありませんでした。

有料ですが訪問設定サービスもありますので安心ですね。

 

ねこ
ねこ
女性のお客様のために女性の訪問スタッフもいらっしゃるようです。

 

自宅で使ってみました

 

我が家でWifiを使用する機器はTV1台、ノートPC1台、スマホ3台、ゲーム機1台。自宅は2LDKです。

しばらく使っていますが繋がりにくいということもなく、混戦することもなくサクサク使えています。

 

まとめ

 

WiFi 無線LAN ルーターの選び方

※しっかりとしたメーカーを選びましょう
※通信規格・速度・接続台数・自宅の間取りでルーターを選択しましょう
※3LDK以上や2階建て以上になるとWi-Fi対応ルーターの検討も必要

 

今回、私が購入したのはBUFFALO『AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4』ですが快適に使えています。今後、使用機器が増えたり引っ越しをして間取りが変われば買い替えも必要かもしれませんが現段階の我が家にはピッタリでした。

Wifiルーターはもちろんスペックが高い方がいいですが、必要以上に高いスペックにすると値段もそれなりになってしまいますので自分に合ったWifiルーターを購入することが大事ですね。

 

ねこ
ねこ
最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


ABOUT ME
ねこマスク
ねこマスク
都内在住のパパリーマンです。使ってみた商品レビュー、お役立ち情報、ブログ運営について語ります。 ご質問は、お気軽にお問合せ下さい。