ニュース

田中理事長(日大)のちゃんこ店は?場所は?妻のプロフィールも調査!

田中理事長(日大)の周りが騒がしくなってきました。

田中理事長夫人が経営している、『ちゃんこ料理たなか』まで注目され始めているようですが、今後どのような展開があるのか気になってしまいますね。

今回は以下のテーマで記事を書かせて頂きます。

・田中理事長(日大)夫人経営のちゃんこ料理たなか

・田中理事長(日大)夫人のプロフィール

田中理事長(日大)夫人経営のちゃんこ料理たなか

田中理事長夫人が経営している、『ちゃんこ料理たなか』は阿佐ケ谷駅西口から徒歩約2分の好立地に位置する、ちゃんこ料理の名店です。

近くには田中理事長が総監督を務める日大相撲部の学生寮もあります。

ちゃんこ料理たなか

住所:東京都杉並区阿佐谷南3-34-14 湯沢ビル 1F

TEL:03-3391-1727

相撲部の学生にアルバイトで働いてもらっていたこともあるようです。田中夫婦には子供がいないようなので、相撲部の学生は自分たちの子供のように可愛がっていたのではないでしょうか。

お店の方は、本格的なちゃんこ料理が楽しめる名店として、とても人気があるようです。

口コミを見ても、店員の対応も気さくで、ちゃんこ料理だけでなく、ふぐも楽しめるところもポイントが高いようです。

予算としては、6~7,000円ぐらいですので普段使いというよりも、会社の付き合いや接待、特別な日に利用するお店ではないでしょうか。

なぜ、このようなちゃんこの名店まで注目を集めているのか… 田中理事長夫人が経営するお店だからという理由だけではなさそうです。

田中理事長の交友関係の広さから、店を訪れるのは相撲関係者、日大関係者、ゼネコンや時には政治家も足繫く通っていたようです。

重要な会合の場所になっていたのは間違いなさそうです。イメージとしては政界の方が使う赤坂の料亭のような位置づけのお店のようです。

多くの権力者が、店を訪ねる理由が他にもあります。

田中理事長を口説くには、夫人の優子さんに気に入られるのが先というのがあたり前だったようなのです。

次に角界の女帝と呼ばれる優子夫人のプロフィールについて述べさせて頂きます。

田中理事長(日大)夫人のプロフィール

田中優子のプロフィール

名前:田中優子

職業:ちゃんこ料理たなか経営

肩書き:女子相撲連盟副会長

異名:各界の女帝

田中優子夫人のことを調べてみましたが、有名な方ではあるのですが、一般人ということもあり多くの情報は調べることができていません。

ネット上では、元演歌歌手という情報もあったのですが、正確な情報が取れていないためわかり次第で追記させて頂きます。

田中英寿理事長が74歳であることを考えると優子夫人もそれなりの年齢だとは思いますが、経営者でもあり若々しく見えますね。

田中理事長が唯一、頭が上がらないのが優子夫人と言われていることもあり、日大関係者は優子夫人に気に入られることが必須だったようです。

「田中氏が唯一、頭が上がらないのが、東京・阿佐ヶ谷でちゃんこ屋を経営する元演歌歌手の優子夫人。井ノ口氏の復活には彼女の口添えがあったようです。もともとは09年頃に、井ノ口氏の実姉が日大の広報関連の仕事を通じて優子夫人に取り入り、井ノ口氏も頻繁に店に出入りするようになりました。アメフトの試合後に部員20名ほどを店に連れて行き、毎回約30万円を支払い、優子夫人の機嫌をとっていたのです」

引用:文春オンライン

角界の女帝というとあまり聞こえは良くないですが、少なくとも日大相撲部学生の良きお母さんとして奮闘してこられたのではないでしょうか。

まとめ

今回は「田中理事長(日大)のちゃんこ店は?場所は?妻のプロフィールも調査!」について記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

●田中理事長夫人が経営している、『ちゃんこ料理たなか』は阿佐ケ谷駅西口から徒歩約2分の好立地に位置する

●『ちゃんこ料理たなか』の予算としては、6~7,000円ぐらい

●店を訪れるのは相撲関係者、日大関係者、ゼネコンや時には政治家も足繫く通っている

●優子夫人は角界の女帝と呼ばれている

●田中理事長が唯一、頭が上がらないのが優子夫人と言われている

田中理事長夫婦に関して、個人的には、大きな事件にはなってほしくないですが、真実は明らかにしてほしいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。