エンタメ

Clubhouse(クラブハウス)の登録方法と基礎知識!

アメリカ発のSNS「Clubhouse(クラブハウス)」が今、話題になっています。

2020年4月から英語圏で広がりはじめたサービスですが国内でも芸能人ベンチャー界隈インフルエンサーが使い始めたことから登録者が爆発的に増えています。

この記事では、クラブハウスの説明・登録条件などをわかりやすく説明させて頂きます。

Clubhouse(クラブハウス)とは

 

クラブハウス音声のみのSNSになります。

インスタグラムのように写真を投稿したりすることはできず「音声版Twitter」と呼ばれています。

登録方法

 

クラブハウス招待からの登録が条件となるため、アプリをダウンロードしたとしても招待がないと参加することはできません

また招待枠は、1アカウントにつき2人までなので、すぐに参加することが難しく既にツイッター上では「招待してほしい」書き込みが急増しています。

・2021年1月現在、クラブハウスはiosのみで提供されておりAndroidでは非対応です。
・認証には電話番号が必要

有名人がClubhouse(クラブハウス)を紹介

 

芸能人やインフルエンサーはさすがに招待が早いですね。でも有名人の方がクラブハウスを案内することで利用者は急増しそうですね

ホリエモンさん

「僕クラスになるとすぐに招待がくる」そうです・・・

YouTubeと同時にクラブハウスでも同時発信をしていたようです。そんな使い方もできるんですね

イケハヤさん


イケハヤさんがやり出すとお金の匂いがしますね

実際にクラブハウスでは、クリエイターが収入を得れる仕組みが検討中のようです。

ひろゆきさん


使ってみたけど嫌いだと発言しています。

しかし、まだ使い方がよくわかっていらっしゃらないんだと思います。

Clubhouse(クラブハウス)の楽しみ方

 

クラブハウスには会話スペース「room」があり、利用者はルームを選んで話を聞いたり、テーマを決めてルームを作ることができます。

ルームには挙手ボタンがあり、主催者の話を聞くだけでなく承認されれば自分も話に参加できます。

現状では、有名人のルームや有名企業のルームが人気なようです。

趣味や企業の新商品発表、トークライブなどのルームにお洒落も気にせず気軽に参加できるなど今後、可能性がひろがりそうです。

少し動画に疲れた方、通勤の交通機関や車の中でも聞くような需要も増えそうです。人気の「Apple AirPods Pro」があると楽しめそうですね。

 

ねこ
ねこ
ノイズキャンセリングで雑音を消します。

まとめ

  • クラブハウスは音声のみのSNS
  • 登録には招待が必要(招待枠は、1アカウントにつき2人まで)
  • 2021年1月現在、iosのみで提供されておりAndroidでは非対応
  • 会話スペース「room」で主催者の会話を聞いたり、参加できたりする
  • 動画に疲れた方、移動中の際の需要が増えそう

招待が来た際にすぐに参加できるように基礎だけは付けておきましょう

Clubhouse(クラブハウス)がどこまで伸びるか楽しみですね。