エンタメ

ディープインパクト産駒!藤田晋の落札メリット!名前は?ウマ娘に登場?

名馬のディープインパクト産駒である2歳牡馬のオークションが開催され4憶7010万円で落札されました。

落札者はサイバーエージェントの藤田晋社長。サイバーエージェントは大ヒットのスマホゲーム「ウマ娘」を運営していることでも有名です。

気になるディープインパクト産駒の2歳牡馬について

・サイバーエージェント藤田晋社長の落札メリット!

・ディープインパクト産駒の2歳牡馬の名前は?

以上のテーマで記事を書かせて頂きます。

サイバーエージェント藤田晋社長の落札メリット!

ディープインパクト産駒の2歳牡馬をサイバーエージェントの藤田晋社長が落札したというニュースを見て最初は、その金額に驚きましたがすぐに「なるほど!」と思ってしまいました。

サイバーエージェントは大ヒットのスマホゲーム「ウマ娘」を運営しているからです。

アメリカ合衆国の調査会社センサータワーが2021年5月10日に発表したモバイルゲームの収益ランキングで、「ウマ娘 プリティーダービー」は世界3位にランクインしているそうです。

〈4月1日~4月30日売上〉

1位 「Honor of Kings(王者栄耀)」   281億円

2位 「PUBG Mobile」                     258億円

3位 「ウマ娘 プリティーダービー」    未発表

「ウマ娘」は2月にサービスを開始して、しかも日本語版しか対応していない状況でこのランクは驚異的です。

藤田晋社長の2歳牡馬を落札した4憶7010万円は痛くもかゆくもないレベルかもしれません。

それどころかサイバーエージェントは大きなメリットを得た可能性が高いようです。次の項目で説明していきます。

ディープインパクト産駒の2歳牡馬が「ウマ娘」に登場

・2歳牡馬は「ウマ娘」のゲーム、アニメに登場する

・アベマTVの中で特別企画が可能

・サイバーエージェントの名前が大きく宣伝できる

サイバーエージェントが2歳牡馬を購入した一番のメリットは「ウマ娘」に登場することで相乗効果を生むことではないでしょうか。

運営するアベマTVの中で特別企画を行うかもしれません。競馬専門の番組チャンネルもできる可能性もありますね。

これらを考えると大きな宣伝になるのは間違いないのですが、2歳牡馬自体が今後、レースに出ることで賞金を獲得していくので広告宣伝費としては認められないでしょう。

ディープインパクト産駒の2歳牡馬の名前は?

藤田晋社長が落札した2歳牡馬にはまだ名前がありません。しかし、来週からスタートする2歳戦に早期デビューの可能性があるようです。

名前が付くのは間もなくかもしれませんね。

・競走に出走するまでに競走馬名が決定する(それ以前は幼名を用いたりする)

・アルファベット18文字以内、かつカタカナ9文字以内

・功績を残した著名な馬の馬名は使用できない

・ブランド名、商品名、曲名、著名人などが含まれる馬名は使用できない

既にネットでは名前の予測が始まっているようです。

ウマムスコ

ウマムスメサマサマ

サイバーインパクト

ディープサイバー

引用:Twitter

会社名であるサイバーエージェントはかっこいい名前ですし、既に馬名といってもおかしくないですよね。但し、カタカナ文字は9文字までなので会社名の一部を取る可能性は高そうです。

会社名が付くとかなりの宣伝になりますよね。そんなことも考えると4憶7010万円は投資として安い買い物だったのかもしれません。

まとめ

今回は「ディープインパクト産駒!藤田晋の落札メリット!名前は?ウマ娘に登場?」と題して記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

  • モバイルゲームの収益ランキングで、「ウマ娘 プリティーダービー」は世界3位にランクイン
  • 落札した2歳牡馬は「ウマ娘」に登場する
  • 落札した2歳牡馬は「アベマTV」の企画に出る可能性がある
  • 2歳牡馬に名前が付くのは間もなく
  • 2歳牡馬の名前にサイバーエージェントの一部が使われる可能性は高い

過去に藤田晋社長は武豊ジョッキーとの対談で夢のある馬主にすごく興味を持っていました。

今後も藤田晋社長が競走馬を落札する可能性が高そうです。

まずは今回落札されたディープインパクト産駒である2歳牡馬の活躍を期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

「パズル&ドラゴンズ」の現状と人気が衰えない4つの理由を調査!ガンホーから配信されているゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」(略称パズドラ)は9周年を迎えますがいまだにその人気は衰えていません ...
岡田陸(サイボウズ新卒1年目)の所属部署や年収は?学歴は?IT企業のサイボウズが3月28日、定時株主総会で、取締役17人を選出したと発表がありました。 驚いたことに、取締役の中に新卒1年目...