動画配信サービス

ファスト映画の代わりになる映画を無料視聴できるサイトは?

最近、ファスト映画という言葉を耳にすることが多くなったのではないでしょうか。

ここ数年でファスト映画がYouTubeなどのウェブ上にあふれ、社会問題化しています。

6月23日には、ファスト映画を投稿していた男女3人が逮捕されています。ファスト映画は違法です。気軽に視聴してしまったことがある方も多いのではないでしょうか。

犯罪に加担してまでファスト映画を視聴するより、堅実に映画を無料で視聴できる方法があります。

今回はファスト映画の代わりになる映画を無料視聴できるサイトについて

・ファスト映画とは?

・ファスト映画(違法)を視聴すると罪になる?

・ファスト映画(違法)を視聴するリスクは?

・映画を無料視聴できるサイトは?

以上のテーマで記事を書かせて頂きます。

ファスト映画とは?

 

ファスト映画(あらすじ動画)とは、法律上の権利を無視して諸権利を有しない者により権利者に無断で映画の映像や静止画を使用し、字幕やナレーションを付けてストーリーを明かす短めの違法動画のことを指します。

ファスト映画は2020年春ごろから投稿が増えだしましたが、理由として新型コロナウイルスに伴う巣ごもり需要が大きく影響しているようです。

ファスト映画が好まれるのは、昨今の情報過多も影響しています。多くの映画やドラマ、アニメなどがある中、映画を楽しむというより情報として知っておきたいと思う方が増えているのです。

本当の映画好きの方からしたら信じられないかもしれませんが、情報を持っているだけで会話に入れる、コミュニケーションが取れると考える人もいるようです。

意味合いは少し異なりますが、YouTubeや動画配信サービス、録画したドラマを倍速で視している方は多いと思います。限られた時間の中で情報を知りたいという欲求は誰もが持っていることなのかもしれません。

ファスト映画(違法)を視聴すると罪になる?

2021年7月現在ではファスト映画(違法動画)をダウンロードせずに視聴するのみの場合は、罪に問われません。

ファスト映画をウェブ上に投稿することは違法となります。6月23日に国内初のファスト映画摘発の事案が発生しました。容疑は、著作権法違反となるようです。

「著作権法第119条」では、著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金とされている。 また、著作者人格権、実演家人格権などの侵害は、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金とされている。

視聴している方の中には、ファスト映画が違法とわかっていながら視聴している方も多くいます。

違法であるファスト映画投稿者の活動を助長する行為は絶対にやってはいけません。

ファスト映画(違法)を視聴するリスクは?

ファスト映画を視聴するだけなら罪に問われないといっても、視聴することにはリスクが伴います。

違法性のあるサイトはウイルス感染が高くなります。ウイルスに感染すると以下のリスクが発生します。

●パソコンを遠隔操作され個人情報を盗まれる

●業務上データが削除される可能性がある

●パソコンデータ入れ替えなどの作業が発生して多大な時間がかかる

このようなリスクがわかっていたら、とてもファスト映画なんて見る気が起きませんよね。ウイルスに感染した後では、後悔先に立たずです。

映画を無料視聴できるサイトは?

ファスト映画の代わりになる映画を無料視聴できるサービスは、動画配信サービスです。

正確にお伝えすると無料期間以降は、月額料金が発生しますが、見放題作品の中から映画をいくらでも視聴することができます。

 

スマホで休憩時間や隙間時間に、少しずつ視聴できるのもうれしいですね。

ファスト映画までは短縮できませんが倍速再生できるサービスもありますので時間の短縮は十分に可能だと思います。

サービス名 月額料金(税込) 見放題作品 同時視聴数 倍速再生 無料期間
U-NEXT 2,189 約18万 4 31日
Hulu 1,026 約6万 1 14日
Netflix 880/1,320/1,980 約7,000 1/2/4 × なし
AmazonPrime 500 約1万 3 × 30日
Paravi 1,017 約1万 1 14日
dTV 550 約12万 1 △(PCは×) 31日
TSUTAYA TV 1,026 約1万 1 30日
FODプレミアム 976 約4万 1 × 14日
ビデオマーケット 1,078 約4万 無制限 31日(最大)
TELASA 618 約1万 1 × 30日
ABEMA
960 2 31日(最大)
dアニメストア 440 約4,000 1 31日
Disney+ 770 約6,000 4 × 31日
DAZN 1,925 2 × 31日(最大

※情報は2021年7月現在のものです。

多くの動画配信サービスがあり、どこを選んでいいかわからない方もいると思いますが料金と配信本数は公表しているサービスがほとんどですので判断材料になると思います。

各動画配信サービスで特徴や得意なジャンルがありますので、お好みの動画配信サービスを選ぶことができます。

無料期間をうまく活用して自分に合った動画配信サービスを探すのがおススメです。

【映画好きに】ジャンル別おすすめ動画配信サービス(VOD)動画配信サービス(VOD)の利用者が急速に増加しています。 2016年には1,000万人程だったVOD利用者は、2020年に2,0...

おわりに

今回は「ファスト映画の代わりになる映画を無料視聴できるサイトは?」について記事を書かせて頂きました。

ファスト映画は違法動画です。視聴だけならと…安易な考えが犯罪行為を助長していることになるのです。

時間を短縮して映画の情報を入れたい方には動画配信サービスをおススメさせて頂きます。

最後までお読み頂きありがとうございました。