年収(お笑い芸人)

川島明(麒麟)の年収や月収はいくら?収入源や総収入を調査!

2021テレビ番組出演本数ランキング2位の麒麟「川島明」さん、MCは定評があり、どんなコメントも笑いに変えるうまさがあります。

多くのレギュラーを持つ川島明さんのギャラや収入が気になりますよね。

今回は、気になる川島明さんの年収や収入源について調査しました。

川島明(麒麟)の年収と収入源は?

川島明さんの年収は約3億円と考えれられます。

収入源に関しては以下の5つがありそうです。

  1. TV出演
  2. CM出演
  3. ラジオ出演
  4. お笑いライブ出演
  5. 書籍販売

それでは収入と年収の根拠を調査していきたいと思います!

川島明(麒麟)のテレビによる収入は?

多くのメディアが登場したことにより、以前ほどではありませんが今でもテレビの影響力が大きいことに変わりはありません。

①テレビ番組出演

過去1年のテレビ出演は、以下のような番組がありました。

レギュラー

  • KEIBA BEAT
  • 魔女に言われたい夜 〜正直過ぎる品定め〜
  • 川島&ノブ ウダ馬なし
  • ウワサのお客さま
  • 川島・山内のマンガ沼
  • ラヴィット!
  • 麒麟川島の馬いい話。
  • 100%!アピールちゃん
  • サンデーPUSHスポーツ

不定期・ゲスト出演

  • アメトーーク!
  • テレビ千鳥
  • タモリ倶楽部
  • 水曜日のダウンタウン
  • ニノさん
  • 秘密のケンミンSHOW
  • ダウンタウンDX
  • スクール革命!
  • 週刊さんまとマツコ
  • しくじり先生 俺みたいになるな!! 他

1回の出演で3万円から5万円前後とか。 しかし、ゴールデン枠に進出できるようになれば、1度の出演で10万円~20万円のギャラを得られるようになる。

ゴールデンタイムのMCともなれば、1回50万円のギャラも夢ではない。

引用:web-audition

川島明さんの2021年のテレビ番組出演本数何と486本です。

ギャラに関してはレギュラー・特別番組・ゲスト出演・コンビ出演などの条件で変動はありますが、ここでは平均したギャラで見ていきます。

川島さんはMCも多く、ギャラは50万円で計算してみたいと思います。

486本(出演本数)×50万円(1回あたりの出演料)=2億4300万円

テレビ番組出演での年収は約2億4300万円となりました。

②CM出演

過去1年のCM出演は、以下の3つがありました。

  • Video BRAIN 「部長 川島明」編
  • LINEポケットマネー「気になる数字」編
  • ガスト 「【ガストでファミ飲み♪】

芸能人にとって大金が舞い込んでくるのがCM出演のギャラです。若手であっても数百万円と言われ、大御所になると億超えも珍しくないようです。

芸能人のギャラの中で最も高額とされているのがCMのギャラです。売れっ子俳優の場合、1クール(3カ月)3000万円を超えることも珍しくありません。

引用:ヒューマンアカデミー

WEB CMもあるようなのでギャラは1500万円で計算してみたいと思います。

3本(CM数)×1500万円(1本あたりの出演料)=4500万円

CM出演での年収は約4500万円となりました。

川島明(麒麟)のラジオ番組出演による収入は?

現在のラジオ番組出演は、レギュラーが2本ありました。

  • ブレインスリープ presents 川島明のねごと
  • SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜

30分ほどのゲストとして呼ばれた場合は1万~3万円。東京のメジャーAMラジオであるニッポン放送、TBS、文化放送であってもこの金額は異なる。

引用:ポストセブン

年間の出演では、確認できたものだけでも88回あります。

比較的予算の厳しいラジオ番組ですが、パーソナリティなのでギャラを5万円で計算してみたいと思います。

88回(年間出演数)×5万円(1本あたりの出演料)=440万円

ラジオ番組出演での年収は約440万となりました。

川島明(麒麟)のお笑いライブ出演による収入は?

過去1年のお笑いライブは、以下がありました。

  • ルミネtheよしもと

若手であれば1本5000円からスタートし、大御所になれば最高1本5万円くらいになります。

営業ギャラは事務所によっても変わりますし、芸人の格によっても差があります。1回の営業で200万円くらいもらえる芸人もいれば、1回1万円の芸人もいる。

引用:マネーポストWEB

年間の出演では、48回ほど出演がありそうです。

ギャラは3万円で計算してみたいと思います。

48回(年間出演回数)×3万円(1回あたりの出演料)=144万円

お笑いライブ出演での年収は約144万円となりました。

川島明(麒麟)の書籍販売による収入は?

書籍を調べたところ、過去に以下のような書籍出版がありました。

  • うつむきくん
  • #麒麟川島のタグ大喜利
  • ぼくをつくった50のゲームたち

本や音楽などには著作権があります。それらを販売したことによる収益の一部を、版権を有する会社(出版社など)が著作者(著者や作詞・作曲者など)に支払うもの。それが印税です。印税率は著者と出版社の間で決定します。

一般的な印税率の相場は5~10%

引用:風詠社

発売されてしばらく経ちますし人気作家ではありませんので、年間1万冊売れていると仮定します。

書籍は平均金額である1500円、印税は一般的によく言われている10%で計算してみたいと思います。

1500円(書籍)×1万(販売数)=1500万円

1500万円×10%(印税)=150万

書籍販売での年収は約150万円となりました。

川島明(麒麟)の月収はいくら?

川島明さんの各収入源を調査してきましたが以下の通り驚きの収入となりました。

テレビ番組出演年収:約2億4300万円

CM出演年収:約4500万円

ラジオ出演年収:約440万円

お笑いライブ出演年収:約144万円

書籍販売年収:約150万円

テレビ出演をメインにかなりの収入がありますね。

「ラヴィット!」の出演が川島さんの転機になってるような気がします。

過去のDVD印税やイベント出演も含めると収入はもう少しプラスになりそうです。

もちろん、予想年収としてお楽しみ下さい!

合計年収:約2億9534万円

2億9534万円 ÷ 12ヶ月 = 2461万円

川島明さんの月収は約2500万円となりました。

田村裕(麒麟)の年収や月収はいくら?収入源や総収入を調査!お笑いコンビ麒麟の田村裕さん、相方の川島明さんと比較すると収入格差はありそうですが、「週8でバスケをしている」と豪語するほど、とにかく好きなことを追求していらっしゃるようです。今回は、気になる田村裕さんの年収や収入源について調査しました。...

さいごに

今回は「川島明(麒麟)の年収や月収はいくら?収入源や総収入を調査!」について記事を書かせて頂きました。

麒麟としての活動が少なく昔からのファンは少し残念かもしれませんが川島さんはレギュラーが途切れることはしばらくなさそうです。

今後も川島明さんの活躍が楽しみですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。