総合格闘技

マネル・ケイプがUFCへ。RIZINは大丈夫なのか?

本当に残念なニュースが流れてきました。

RIZINバンタム級のチャンピオンだったマネル・ケイプがUFCへ行くことになりました。

 

ねこ
ねこ
そんなことできるの・・・

 

RIZINにベルトの縛りは何もなかったのでしょうか

マネル・ケイプのUFC行き

 

 

RIZINの榊原CEOは「引き抜かれた。」と言っています。

しかし、世界最大の格闘技団体からオファーが来たら「誰でも心躍らない訳がない。」とある程度の理解も示しています。

 

 

RIZINのバンタム級のチャンピオンになってすぐにUFC。マネル・ケイプも自分が一番高く売れる時期だと判断したのでしょう。なかなかのビジネスマンですね

しかも、本来は朝倉海が堀口恭司のベルトにチャレンジする予定でした。その堀口が怪我の為、急遽、タイトル戦に名乗りを上げたのがマネル・ケイプでした。運も持っています。

UFCに行けば名声と破格のファイトマネーが手に入ります。体重が重い階級の方がファイトマネーは上がりますがマネル・ケイプがオファーを受けたフライ級でもタイトルマッチになれば1試合数千万円と言われてますから、それは魅力的だと思います。

堀口恭司はUFC時代のファイトマネーが4、500万円ぐらいだったようですが先日、朝倉未来が対戦を熱望したコナー・マクレガーは1試合数億円と言われているUFCの大スターです。

マネル・ケイプは元UFCファイターのイアン・マッコールに勝利していますし現在、26歳であることを考えれば、これからUFCでの活躍も十分期待できますね

マネル・ケイプがUFCで活躍することで日本のバンタム級のレベルの高さを証明することにもなります。

RIZINのバンタム級

 

しかし、RIZIN側はチャンピオンが試合を1戦もせずに空位となる、何とも情けない話です。

榊原CEOは選手をガチガチの契約で縛りたくないという気持ちがあるようですが今回のような件はファンとしては非常に残念です。何らかの対策を立てることは必要でしょう

まずは、空位になっている王座をどうするのか。ベルトをかけバンタム級のトーナメントでもやるしかないのでしょうか・・・

RIZINのバンタム級はトップファイターが何人もいます。マネル・ケイプに勝っている堀口恭司佐々木憂流迦、1勝1敗の朝倉海、RIZIN22でマネル・ケイプとのタイトル挑戦権を獲得していた扇久保博正、人気を上げてきている金太郎

もちろんRIZINも世界から良い選手を発掘していくでしょう

RIZINの演出は決してUFCにも負けていません。結局はどれだけ良い選手を呼べるかです。

RIZINは絶対に大丈夫です!特にバンタム級はこれからも目が離せません

将来、マネル・ケイプがUFCのチャンピオンになりRIZINの舞台に戻ってきたらとしたら夢のカードが組めるかもしれません。想像しただけでもワクワクしますね

最後に

 

マネル・ケイプは挑発的な会見が印象的で、危険な選手に見えますがファンが求めたサインを気さくに書いている姿を見かけたり、亡くなった母には仕送りもしていたようです。

 

実はいいやつのようですね

今回の移籍は本当に残念ですが、私は応援しますよ『マネル・ケイプ』

 

ねこ
ねこ
ビッグになって、必ず日本のマットに戻ってきてくれ!

 

 

ABOUT ME
ねこマスク
ねこマスク
都内在住のパパリーマンです。普段の気になること、使ってみた商品レビュー、お役立ち情報、ブログ運営について語ります。 ご質問は、お気軽にお問合せ下さい。