エンタメ

フクモトヒナ(放課後のときめき)のプロフィール!出身も調査!

韓国のオーディション番組『放課後のときめき』が11月28日より放送開始となります。

応募者87,000名から選ばれた練習生83名の中に日本人は3名!

今回は日本人練習生の中の一人であるフクモトヒナさんにスポットを当て、以下のテーマで記事を書かせて頂きます。

・フクモトヒナのプロフィール

・フクモトヒナの動画

・『放課後のときめき』のオーディション内容

フクモトヒナのプロフィール

フクモト ヒナのプロフィール

名前:福本 ひな(フクモト ヒナ)

生年月日:2006年5月29日(15歳:2021年11月時点)

血液:O型

座右の銘:転んでも立ち上がることが重要

所属:COSMOLAND

フクモトヒナさんは、南青山にあるK-POPトレーニングスタジオ「COSMOLAND」のオーディションサポート生のようですので、出身は非公開ですが都内もしくは近郊の可能性が高そうです。

「COSMOLAND」は韓国のオーディションにて毎年10名程の合格者を出している実績スタジオです。

きっとヒナさんも韓国オーディションに憧れて「COSMOLAND」でトレーニングを積んでいたのではないでしょうか。

フクモトヒナの動画

中学生にして、海を渡り韓国で頑張っているヒナさん。

YouTubeのコメント欄を見ると「ひな頑張れ!」というコメントを多く見かけます。友人や同じスタジオの仲間なのでしょうね。

動画を観てもわかりますが、笑顔の素敵な愛されキャラのようです。

甘い物が好きなようですが、スタイルはしっかりと維持していますね。

『放課後のときめき』のオーディション内容

■放送開始:韓国MBCにて11月28日より放送 (通常放送は日曜日の21時からになります。)

■応募総数:87,000名

■デビューメンバー決定日:2022年2月13日

■入学ミッション練習生:83名(内 日本人3名)

■デビュー人数:7名

デビュー人数を見るとかなり厳しいオーディションであることがわかります。

練習生の中にはフクモトヒナさん含めて日本人が3名います。実力が伴う必要はありますが、需要のある日本市場を獲得するためにも日本人は1名だけでもデビューする可能性は高いのではないでしょうか。

もちろん日本のファンも期待しているでしょう。

練習生の人数は以下のように進んでいきます。厳しいミッションが予想されそうですね。

  • 2021年11月28日 40人
  • 2021年12月19日 38人
  • 2022年1月2日 32人
  • 2022年1月16日 28人
  • 2022年1月30日 21人
  • 2022年2月7日 14人
  • 2022年2月13日 7人(デビュー)

オーディションとして珍しいのが、年齢別(学年別)に分かれてオーディションを行っていきます。ミッションの内容は当然、変わってくる可能性があるので審査の方法が難しくなりそうですね。

  • 1年生(12歳~14歳):無限大の可能性
  • 2年生(15歳~16歳):才能と実力
  • 3年生(17歳~18歳):アイドル最高レベル
  • 4年生(19歳以上!):完璧に近い実力

ヒナさんがいる2年生は特に要チェックしておきたいですね。

放課後のときめきの視聴方法!オーディション内容や公式HPも調査!韓国の新サバイバル番組『放課後のときめき』の放送が決定しました。デビューと同時にビルボードチャートインに挑戦するグローバルガールズグループを発掘・育成するオーディションということで、今までにないぐらい過酷なミッションが繰り広げられそうです。今回は気になる『放課後のときめき』について視聴方法やオーディション内容について書かせて頂きました。...
イトウミナミ(放課後のときめき)のプロフィール!オーディション内容は?韓国のオーディション番組『放課後のときめき』が11月28日より放送開始となります。83名の中に日本人練習生は3名! 今回は日本人練習生の中の一人であるイトウミナミさんにスポットを当て、プロフィールやオーディション内容について書かせて頂きました。...
タケイカリナ(放課後のときめき)のプロフィール!出身も調査!韓国のオーディション番組『放課後のときめき』が11月28日より放送開始となります。今回は日本人練習生の中の一人であるタケイカリナさんにスポットを当て、プロフィールや動画について書かせて頂きました。...

まとめ

今回は「フクモトヒナ(放課後のときめき)のプロフィール!出身も調査!」について記事を書かせて頂きました。

ガルプラの次は『放課後のときめき』を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

フクモトヒナさんの活躍も期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。