ニュース

パリ会場の仏空軍(東京五輪閉会式)はライブ?密は大丈夫?

東京五輪閉会式で次の開催地であるパリへの「引き継ぎ式」が行われました。

中継でパリに繋がりパリの上空を仏空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」トリコロールカラーを大空に描きました。

あまりのカッコよさに「持っていかれた」感じもしますが、パリの引継ぎ式はライブなのか?超密になっていましたが大丈夫なのか?気になった人も多かったのではないでしょうか。

今回は気になるパリ会場の仏空軍について

・パリ会場の仏空軍はライブ?

・パリ会場の仏空軍への世間の反応

・パリ会場の密は大丈夫?

以上のテーマで記事を書かせて頂きます。

パリ会場の仏空軍はライブ?

東京五輪閉会式でパリへの「引き継ぎ式」が行われましたが、パリへ中継が変わった途端に雰囲気が一変しました。

パリのエッフェル塔近くの特設会場には多くの人が集まり、新型コロナウイルスが起きている同じ世界とは思えないと感じた人も多かったのではないでしょうか。

圧巻だったのは仏空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」がトリコロールカラーを大空に描いた演出です。航空法の影響だと思いますがかなり低空飛行だったところは印象的でした。

なぜここまでカッコいい演出になるのか不思議でしたが完全に日本より目立っていましたね。

会場には「柔道混合団体戦決勝」で日本勝利した金メダルのテディ・リネール率いる柔道チームが映し出され、「もう帰っていたのか」と思うのと同時に、演出でも負けるのかと感じるような、それぐらい素晴らしい演出でした。さすが芸術の都ですよ。

さすがに録画だろうと思いましたが調べたところ、ライブだったようです。秒単位で計算された演出たったのですね。

日本とフランスの時差は約7時間で日本の方が進んでいます。つまり閉会式時のフランス時間は8月7日の15時ぐらいだったということです。現実的に可能な時間ですよね。

パリ会場の仏空軍への世間の反応

パリ会場の仏空軍の演出への世間の反応を調べてみましたが、「カッコいい」という評価が圧倒的に多く、日本の閉会式が残念な感じに映ってしまいました。

日本は、長野五輪の開会式・閉会式の低評価だった教訓があまり生かされていない感じがしました。

パリの素晴らしい演出を観たら、何でもかんでも新型コロナウイルスのせいにはできないのではないかなと感じました。

パリ会場の密は大丈夫?

パリの演出が素晴らしかった反面、特設会場にはフランス国旗を手にした6,000人もの人々が詰めかけたようです。

しかも映像ではマスクをしていない方もたくさんいました。

あまにり密で気になったので、フランスの新型コロナウイルスの感染者状況について調べてみました。

フランスのワクチン2回目接種は人口の52.2%です。日本が32.7%ですのでかなり順調に進んでいるようです。

しかしフランスの1日の感染者数は現在も2万人を超えています。日本は、フランスの2倍ほどの人口ですが、1日の感染者数は1万5千人ほどです。

まだまだ予断を許さない状況ですが、マスクもせずにあの密状態は、日本では考えられません。

特設会場での新型コロナウイルス感染は今のところ、報道されていませんがちょっと心配ですね。

3年後のパリ五輪では、新型コロナウイルスがどのようになっているのかわかりませんが、終息していることを願います。

まとめ

今回は「パリ会場の仏空軍(東京五輪閉会式)はライブ?密は大丈夫?」について記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

  • 仏空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」がトリコロールカラーを大空に描いた演出が圧巻
  • パリのエッフェル塔近くの特設会場での引継ぎ式はライブだった
  • 仏空軍の演出への世間の反応は圧倒的に「カッコいい」という評価が多かった
  • フランスのワクチン2回目接種は人口の52.2%。日本は32.7%
  • フランスの1日の感染者数は現在も2万人を超えている。日本の1日の感染者数は1万5千人ほど

パリ五輪は3年後ですが、フランスの演出を観ているとすごく期待できそうですね。

東京五輪が終わったばかりですが2024年のパリ五輪を楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。