お出かけ

子供とお出かけ ポケモンスタンプラリー2019に行ってきました。

こんにちは、ねこマスクです。

毎年夏に開催される大人気のイベント『ポケモンスタンプラリー2019』に子供と行ってきました。スタンプラリーとしては2回目の挑戦ですがポケモンスタンプラリーは初めてです。

人気のイベントなのでご存知の方も多いとは思いますが内容を少し書いてみたいと思います。

ポケモンスタンプラリーとは

 

JR東日本が小中学生の夏休み期間に合わせて首都圏の主要駅にスタンプを設置する企画で1997年から2001年・2002年・2016年を除き毎年行われています。

スタンプ設置駅を回り、スタンプ帳にスタンプを押していき6駅達成と43駅達成(全駅達成)で素敵なプレゼントをゲットできますよ。

 

 

 

参加方法

 

参加方法
  1. スタンプ設置駅でスタンプ帳をゲット
  2. スタンプ6つ集める
  3. 6駅達成したらゴール店舗か特設ゴールセンターへGO!(ピカチュウパスケースがもらえます)
  4. 全駅達成したら、東京駅・池袋駅の特設ゴールセンターへGO!(A4スタンプ帳フォルダーがもらえます)

 

行く前にどこの駅を回るか計画を立てておきましょう。なるべく子供に考えさせてあげるといいですね。

 

ねこ
ねこ
さすがに全駅制覇は1日では無理だから6駅回ろう
ちび
ちび
ミュウとミュウツーの駅は絶対に行きたい

 

巡る際にお得なキップ

 

スタンプを押すスタンプ台は必ず改札の外に設置してあります。必ずお得なキップを購入して巡りましょう。

休日おでかけパス(1日間有効)

大人:2,670円 子供:1,330円

フリーエリア内のJR線の普通列車、東京モノレール線、東京臨海高速鉄道が乗り降り自由のキップ

利用期間:土日および7/20~8/31

※全てのスタンプ設置駅に行くことができます。

都区内パス(1日間有効)

大人:750円 子供:370円

東京23区内のJR線の普通列車が乗り降り自由のキップ

利用期間:通年

※6駅を目指すのであればこちらで十分です。

 

しゅっぱ~つ 秋葉原からスタートしました。

 

私たちは秋葉原からスタートしました。都区内パスを購入した後にスタンプ帳をゲットして最初のスタンプを押します。さすが人気のスタンプラリー。スタンプを押すのにも並ばないといけません。

以前に都営新宿線の『サバイバル』スタンプラリーを経験していますが参加者の人数が全然違います・・・

 

子供とお出かけ! 科学漫画サバイバルのスタンプラリーに行ってきました。こんにちは、ねこマスクです。 みなさん、『科学漫画サバイバル』をご存知でしょうか? 私は、知らなかったので『ズッコケ探検隊シ...

 

まずはスタンプ帳をゲット

 

 

新宿や池袋などの大きな駅だと出口もたくさんあるので自力で探すとこれだけで疲れてしまいます。色んな所に案内が貼られてはいますが、どこの出口にスタンプ台が設置してあるのかJR東日本の公式HPで事前に確認しておきましょう。

 

案内ポケモンを見つけると子供は大興奮です。

 

ゴールは東京駅

 

ゴールは子供の希望通り、ミュウツースタンプの東京駅にしました。東京駅でお昼ごはんを食べる計画でいたので休憩は無しで回りましたが東京駅に着くまでに約2時間ぐらいでした。ほぼ山手線で終わった感じです。

折角、お得な一日券を買っているので6駅だけしか回らないのであれば食事とか観光など他の楽しみも入れると更に楽しいですよ。

 

 

 

プレゼント ゲット!

 

スタンプを6つ押して早速、特設ゴールカウンターへ行き「ピカチュウパスケース」を頂きました。私まで頂いてしまったのですが素敵なプレゼントに子供と一緒に大喜びしましたよ。

 

けっこう大きい・・・

 

 

ねこ
ねこ
全駅制覇するには高学年の子で2~3日間あれば行けそうです。

 

最後に

 

2回目のスタンプラリー参加でしたが子供の大好きなポケモンということもあり、親子ですごく楽しめました。来年も絶対に参加したいなと思っていますが、子供の体力が付いていたら全駅制覇を目指したいと思います。

これから参加される方は、暑いところとクーラーの効いているところを頻繁に行き来するので体調管理だけは注意して下さいね。きっと夏休みのいい思い出になりますよ。

 

補足(ポケモンセンター)

 

 

スタンプ帳を持ってポケモンセンターに行くとステッカーが無料で1枚もらえます。しかし、たくさんグッズが売ってあるので子供から「買って攻撃」を受ける覚悟で行って下さいね。

 

ABOUT ME
ねこマスク
ねこマスク
都内在住のパパリーマンです。使ってみた商品レビュー、お役立ち情報、ブログ運営について語ります。 ご質問は、お気軽にお問合せ下さい。