プロレス・格闘技

シバター1億円を本当に払う?東京ドームの魔裟斗戦は実現する?

ユーチューバー兼格闘家のシバター魔裟斗に自身のYouTubeチャンネルで対戦をオファーしましたが、何と1億円のファイトマネーを自分で出すというのです。

しかし、シバターは炎上商法を得意とするユーチューバーです。格闘技業界に限らずざわつき始めています。

この記事では

・シバターの1億円を本当に払う?

・東京ドームでのシバターvs魔裟斗は実現するのか?

以上のテーマで記事を書かせて頂きます。

シバターの1億円を本当に払う?

シバターの1億円オファー!しかも試合に勝利したら追加で1億円。合計で2億円です。日本の総合格闘技でのファイトマネーとしては破格ですが、炎上商法を得意とするシバターの発言です。果たして信じていいのでしょうか?

これは間違いなく事実だと思います。私が事実と断定した根拠を挙げさせて頂きます。

  • シバターは現金で1億円保有している動画を過去にアップ。
  • 2億円を投資したとしてもユーチューバーとしてリターンを見込んでいる。
  • 魔裟斗が断ったとしても何の痛手もない。
  • 昨年末にRIZINの大会に参加実績があり、試合の配信動画は当日のメインを超えている。→ RIZINに対しての発言権が出ている。
  • シンプルに格闘界を盛り上げたいと思っている。

一つ一つ解説させて頂きます。

シバターは現金で1億円を保有

2年前にシバターは1億円を保有している動画をアップしています。

昨年末にはRIZINの舞台に上がり、登録者でなかったユーザーも多く獲得して、しばらくRIZINバブルだったようです。

現段階で2億円を持っていても何の不思議でもありません。

2億円を投資してもリターンを見込んでいる

ユーチューバーであるシバターは動画こそ財産です。

有名になればなるほど動画の再生回数は増えます。

魔裟斗のようなビッグネームと試合をすれば益々、有名になり過去動画含めて再生回数は爆発するでしょう。

恐らく、シバターは昨年末にRIZINの舞台に上がったことで、そのことを肌で感じたのではないでしょうか。

魔裟斗が断ったとしても何の痛手もない

今回のオファーを魔裟斗が断ったところで、シバターとしては今回のニュースがトレンド入りしただけでも大きな収穫です。

断られたことのことも考えた上での行動だったと判断できます。

RIZINに対しての発言権が出ている

昨年末のRIZIN26のメインカードとシバターの試合の再生回数を比較してみましょう。

2021年5月16日現在

朝倉海 VS 堀口恭司 (メイン) 518万回

シバター VS HIROYA 618万回

完全にメインを食っています。これは格闘技好きだけでなく、シバターやユーチューバー界隈の新しいファンも獲得したことが原因です。

これはRIZIN側としても新しい試みとしてのモデルケースになったはずです。つまり、シバターはRIZINに取って功労者なのです。

格闘界を盛り上げたいと思っている

ユーチューバーで稼げるようになってもシバターは長年、携わっている格闘界から離れることがありません。

日本の格闘界はファイトマネーが低く、格闘技だけで飯が食える選手は一握りです。ある意味、変態でないと格闘技は長く続けれません。

そんな格闘界をシバターは、盛り上げたいという気持ちも持っています。もちろん盛り上がればファイトマネーも上がり、良い選手が集まり相乗効果がアップします。

シバターは格闘界に恩返しをしたいのではないでしょうか。

東京ドームでのシバターvs魔裟斗は実現するのか?

シバターがやる気になっても、もちろん相手の魔裟斗が受けるかどうかわかりません。

・魔裟斗は現在42歳
・ルールはキックルール
・最後の試合は2016年12月31日 五味隆典戦
・解説者、タレント、ユーチューバーとして活動中
・RIZIN東京ドームは6月13日

私の最初の予想では、 魔裟斗は受けてくれるのではないかなと思っていました。

お金というより、コロナで元気のない日本を格闘技で盛り上げたいと思うのではないかなと。

動画でわかるように、現役を離れているといってもまだまだ動けます。しかし、さすがに6月13日であれば調整が難しいのではないかと思います。

もし、 魔裟斗がシバターのオファーを受けるとしたら、もう少し先の大会ではないかなと思います。

まとめ

今回は、「シバター1億円を本当に払う?東京ドームの魔裟斗戦は実現する?」と題して記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

  • シバターの1憶円オファーは本当に払う可能性が高い
  • 1億円を投資してもシバターはリターンを計算している
  • シバターも魔裟斗も格闘界を盛り上げたい気持ちがある
  • 6月13日の大会への参加は現実的に難しい。オファーを受けるなら少し先の試合を予想

個人的にはシバターVS魔裟斗は見たいカードであるのですが、現役を離れ現在42歳であってもキックルールではシバターは相手にならないと思います。

あまり面白くない試合になっても後に影響するので、双方の体制が万全になった状況での試合に期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

【2020年版】有名YouTuberの「車買いました」まとめ小学生がなりたいランキング2位、ユーチューバー 上位100位の平均年収は3,000万円を軽く超えます。 当然ながら所有してい...