仕事・キャリア

会社の辞め方:話題の退職代行とは?

会社の辞め方で悩んでいる方はたくさんいると思います。

最終的には会社規定に基づき辞表を出せば終わることなのですが、そう簡単にいかないのが退職だと思います。

ある新入社員の会社の辞め方

 

先日、私の勤める会社の新入社員が退職する事になりました。勤務としては約3ヶ月。試用期間が終わり、これから本格的に指導を行っていこうとしていた矢先でした。

大した残業もやらせておらず、先輩社員も優しく接していて人間関係もそんなに悪くはなかったはずなのに「なぜ?」という感じで特に指導役は責任を感じショックを受けていました。

本人からは電話が入り「続けていく自信がない」の一点張りで退職届けも郵送で送ることになり最後の挨拶もないまま終わってしまいました。

会社の上層部は「非常識だ!」「うちの会社を繋ぎで使った」「辞めるなら最後に会社に出てきて世話になった御礼を言うべきだ」と大激怒しておりました。

今となっては辞めた新入社員の本心はわかりません。しかし、新入社員が取った行動が全部間違いなのでしょうか。

しばらくでも一緒に仕事をした仲間からすれば寂しくもあります。しかし、合う合わないはどんな一流会社でもありますし、会社からすればある意味、早く結論を出してくれて良かったのではないかとも思ってしまうのです。

少し会社の辞め方について考えたいと思います。

 

退職届(退職願)の必要性と会社規定

 

 

退職届が必要なのか?法律的には退職の意思表示は口頭でも問題ありません。しかし大抵は会社規定で退職届を義務付けているはずです。

 

 

退職届が重要視される理由

 

退職届が重要視される理由として口頭では曖昧になっている部分を排除してトラブルをなくすためです。もし、口頭で退職の意思表示をしていたとしても感情的になり、退職という言葉を言っただけかもしれません。冷静になって後から白紙撤回する可能性もあります。

しかし、時間を置き冷静になって書いた退職届であれば正式な意思表示と判断できるのです。

当然、退職届には退職日や退職理由を記載しますので退職届があれば、これを正式な書類として「雇用保険の離職票の作成」や「社会保険」の手続きを進めます。

 

退職届は郵送で問題ないのか

 

退職届の提出方法ですが厳密な規定はないので郵送で問題ありません。病気などの何らかの事情で会社へ行くことができず会社も合意せざるを得ないこともあります。

会社や上司とトラブルになり、どうしても手渡しを避けたい場合は、必要事項を漏れなく記入した退職届を郵送して退職を強行することも仕方ないかと思います。

逆に郵送での提出が不都合なのは円満退社を求めている場合です。退職後も会社や同僚とも良好な関係を続けたい場合もそうですし、退職の手続き関係もスムーズに処理を進めることが可能だと思います。

また転職をするに辺り、悪い噂が立つと転職にも影響が出てきます。特に転職先も同業界を考えているのであれば、この辺りは特に慎重にやりたい所です。

 

退職する際の報告

 

退職する際には上司・同僚に退職することは義務ではないにしてもマナーです。誰でも緊張しますし、気まずいものです。

 

退職報告の時期

 

報告は早いに越したことはありませんが、あまり早く伝えると会社での居心地も悪くなります。後任や引継ぎ・有給休暇の取得を考えれば3ヶ月前、遅くても有給取得の1ヶ月前には伝えたいところです。

会社や上司と良い関係が築けているのであれば配慮の元、社内にはギリギリまで秘密にしたまま勤務させてくれるかもしれません。しかし、引継ぎ等を行っていけば気付く人もいるのであまり期待はしない方がいいと思います。

 

退職理由

 

退職後も上司や同僚と良い関係を続けたいのであればもちろん、正直に退職理由を話すのがベストです。

しかし、なかなか本音が言えないのが現実だと思います。特に会社や上司に対する不満は言いにくいものです。結果的によく使われる退職理由を上げてみたいと思います。

  • 実家の家業を継ぐ
  • 親族の介護の為、実家に帰る
  • 体調不良、それに伴う引っ越し
  • やりたいことが見つかった。転職先が見つかった

いずれも無難な退職理由ですね。大抵は引き止めがあると思いますがこのような退職理由があると会社側もそれ以上は強く言えなくなってしまいます。

 

最終手段 退職代行を使う

 

ここ数年で『退職代行』という仕事を聞くようになりました。専門家が退職届の送付や退職報告の代行を行ってくれます。会社によっては再就職先の紹介までしてくれる所もあります。

 

 

退職をしたくても人によっては、言い出せないままズルズルと勤めている方もいるのではないでしょうか。特に会社や人間関係でトラブルを抱えている方は退職を難しく考えるかもしれません。しかし、そんな状況を続けていたら転職の機会を逃すだけでなく、心身ともに病んでしまう可能性もあります。

最終手段で構いません。そんな時は『退職代行』を使いましょう。もちろん有料ですが知識のない方では会社とトラブルになった場合、給与の未払いさえも交渉することができないかもしれませんが、そういった交渉も相談できますし、失業保険の手続きもすぐに進められるので早い段階で次のステップに進むことができるのです。

 

退職代行のデメリットとメリット

 

➀努めていた会社・上司とは良好な関係は保てない

➁有料である

③悪質な退職代行もあるので会社選びが必要

④退職代行のイメージはまだ良いとは言えないので周囲に相談しづらい

➀即日退職可能なので次のステップに早く移ることができる

➁有給休暇の取得も交渉可能

③会社や話をしたくない上司への連絡不要

④専門家が適正業務手続きを行うので会社と揉めることがない

⑤弁護士に依頼するより安い金額で対応可能

 

お勧めの退職代行会社

 

退職代行SARABA

退職代行費用 27,000円
支払い方法 お振込み・クレジットカード
お問い合せ 電話・LINE・メール(24時間対応)
強み 返金保証あり、専門の行政書士完備
こんな方にお勧め 安く、即辞めたい方
SARABAで退職する 退職代行SARABA

 

弁護士退職代行(汐留パートナーズ)

退職代行費用 55,000円+オプション費
お問い合せ 電話・LINE・メール
強み 弁護士が実行
こんな方にお勧め 安心、確実、未払い賃金の請求も必要な方
弁護士退職代行で退職する 弁護士退職代行

 

【業界最大手】退職代行EXIT

退職代行費用 正社員 50,000円 アルバイト・パート 30,000円
支払い方法 お振込み・クレジットカード
お問い合わせ 電話・LINE
強み 累計25,000人以上の退職代行を実施、成功率は100%
EXITで退職する 退職代行EXIT

顧問弁護士監修 退職代行jobs

退職代行費用 29,800円
支払い方法 お振込み・クレジットカード
お問い合わせ 電話(24時間対応)
強み 顧問弁護士監修、低価格
Jobsで退職する 退職代行Jobs

 

退職は時間もかかり、精神的にも体力的にも非常に消耗してしまうものです。その労力を考えれば、退職代行費用もそんなに高いものではないかもしれません。有給休暇を取得することが出来れば、その費用の足しにもなります。

但し、退職代行会社の選択は慎重に行う必要があります。いい加減な会社にお願いすると大きなトラブルになりかねません。上げさせて頂いている会社は実績もあり、評判もいい所ばかりです。もし、どうしても退職ができないと悩んでいたら『退職代行』を検討してみて下さい。

 

 

ABOUT ME
ねこマスク
ねこマスク
都内在住のパパリーマンです。使ってみた商品レビュー、お役立ち情報、ブログ運営について語ります。 ご質問は、お気軽にお問合せ下さい。