政治・経済

山中竹春(横浜市長)の就任日は?横浜のカジノ誘致はどうなる?

8月22日の横浜市長選がちょっと話題になっていますが、立憲民主党が擁立し共産党や社民党などの支援を受けた山中竹春氏が現職の林文子氏を破り、当選されました。

イケメンの山中氏ですが、就任日やカジノ誘致が気になりますね。

今回は以下のテーマで記事を書かせて頂きます。

・山中竹春(横浜市長)のプロフィール

・山中竹春(横浜市長)の就任日は?

・横浜のカジノ誘致はどうなる?

山中竹春(横浜市長)のプロフィール

名前 山中竹春(やまなかたけはる)
生年月日 1972年9月27日(48歳:2021年8月現在)
出身 埼玉県秩父市
出身校 早稲田大学政治経済学部
家族構成 妻・長男・猫2匹
趣味 ジョギング、そば・うどんの食べ歩き、ラグビー(ラグビー部出身)

今回、当選されたですが、SNSでもカッコイイとの評判ですが、普段からスポーツをやっていらっしゃることもあり48歳と思えないほど若々しいですよね。

どことなく俳優の窪田正孝さんに似ているようにも見えます。

政治家としての実績こそありませんが、とても優秀な方で早稲田大学大学院理工学研究科修了を始め、横浜市立大学医学部教授など書ききれないほどの多くの経歴をお持ちです。

山中氏の公式HPのプロフィールで確認することができます。

その中で「コロナの専門家」という肩書きをお持ちですが、今の時期は全国民が気になる肩書きではないでしょうか。

調べたところ、日本初の抗体研究の結果を相次いで発表し、データに基づく客観的な結果として、全国的に注目を集めていらっしゃるようなのです。

新しい生活様式ではコロナとの共存が求められますが、そのような街づくりにも山中氏の手腕が発揮されそうですね。

山中竹春(横浜市長)の就任日は?

現職の林氏の任期が8月29日であり、山中氏の横浜市長就任日は8月30日になります。

林氏(75歳)は12年に渡り横浜市の経済復興と発展に貢献してこられました。3期に渡り、市長を務めてこられたということは、それだけ市民に支持されていたのは間違いありません。気になる今後の進退に関しては明言されていません。

本人は否定されていましたが、健康問題もあるかと思いますのでしばらくはゆっくりされるのではないでしょうか。

新市長となる山中氏にも市民から多くの期待が集まっていると思います。経済の発展ももちろんですが、市民と向き合う政治を目指していらっしゃるように感じます。

その中で素晴らしい公約を掲げていらっしゃるので是非とも実現していって欲しいですね。

  1.   75歳以上の「敬老パス自己負担ゼロ」
  2. 「子どもの医療費ゼロ」
  3. 「出産費用ゼロ」

横浜のカジノ誘致はどうなる?

今回の横浜市長選の最大の争点はカジノ誘致だったのは間違いないでしょう。

現職の林氏が「カジノは経済復興、財源確保の有効策の一つ」と訴えていたのに反し、山中氏が掲げたのは「真のカジノ阻止候補」、カジノ誘致に反対する多くの横浜市民から支援を受けたようです。

誘致に表明していたのは横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県の4地域でした。

しかし、山中氏は当選後にカジノに対して以下のように語っていらっしゃいます。

「IRカジノの誘致に関しては現在IR推進室があるが、その機能に関して停止をいたします。 またIR推進室の「推進」という看板は取り下げることになります」

横浜へのカジノ誘致の可能性は限りなく少なくなったのではないでしょうか。

個人的には、誘致するのではあれば、地方に頑張って欲しい気持ちがありましたがいざ、横浜の可能性が低くなると、少し残念な気持ちもあります。

総合型リゾート施設(IR)で丁半賭博の除外理由!決定ゲーム種類は?政府のカジノ管理委員会にて、IRでの半賭博や花札をゲームの種類から除外となりました。丁半賭博や花札が除外になった理由や世間の反応、決定したゲームの種類を調べてみました。...
藤木幸夫(ハマのドン)の経歴や家族!カジノ反対についても調査!政界にも大きな影響力を持つ、ハマのドンこと藤木幸夫(91)さんが最近、話題になっています。今回は藤木幸夫(ハマのドン)のプロフィール、経歴、家族、カジノ反対について調査しました。...

まとめ

今回は「山中竹春(横浜市長)の就任日は?横浜のカジノ誘致はどうなる?」について記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

●山中竹春氏は早稲田大学政治経済学部卒業で多くの肩書きを持つ

●「コロナの専門家」として日本初の抗体研究の結果を相次いで発表している

●山中氏の横浜市長就任日は8月30日

●現職の林氏が「カジノは経済復興、財源確保の有効策の一つ」と訴えていたのに反し、山中氏が掲げたのは「真のカジノ阻止候補」

●カジノ誘致に表明していたのは横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県の4地域

次点だった元閣僚の小此木八郎さんにおよそ18万票の大差をつけ当選した山中竹春氏ですが、それだけ横浜市民に多くの期待が寄せられています。

横浜市長としての活躍を期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。