お得・お役立ち情報

ワイモバイル新料金プランの特徴と割引サービス!家族で使用はお得!

2020年12月にNTTドコモが発表した「ahamo(アハモ)」の料金体系は月額2980円(税抜)20GB+5分かけ放題というワンプライスで業界に激震が走りました。

NTTブランドと料金のわかりやすさと安さは、若い世代を中心に支持を得そうです。

しかし、他のブランドも黙ってはいません。au・ソフトバンクの大手キャリアも相次いでスマホ料金の新プランを発表し後発の楽天モバイルも新料金を打ち出しました。

そして今回、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイル新料金プランを発表しました。新料金プランはどのように変わったのか説明させて頂きます。

ワイモバイル新料金と変更点

 

旧料金プランのスマホベーシックプランと比較すると値下げされているのがよくわかります。

スマホベーシックプランS 月額2,680円 3GB
スマホベーシックプランM 月額3680円 10GB
スマホベーシックプランR 月額4,680円 14GB

※10分以内の国内通話は無料、10分超過の通話は20円/30秒(10分超過分のみ)
※2021年2月17日をもってスマホベーシックプランの新規受付は終了しています。

 

ワイモバイル新料金の特徴と割引サービス

 

新料金はお得になっていますが、きちんと理解した上で自分に合ったプランとオプションを使う必要があります。

新しいプランの特徴を説明させて頂きます。

通話料金のオプション設定

旧料金プランでは10分以内の国内通話無料でしたが新プランでは除外されており標準で20円/30秒の通話料がかかります。

もし通話の頻度が高い方であれば追加でオプションを申し込むことをおススメします。

➀10分以内の国内通話が無料になる通話オプション「だれとでも定額」(月額700円)

➁10分を超える国内通話も無料になる通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」(月額1,700円)に加入できます。

近年、LINEなどを使った無料通話も使用できるため有料の通話頻度は減っています。通話定額が別オプションとなり有難い方も多いのではないでしょうか

家族割引サービス

今回の新料金で最大のメリットが家族割引サービスおうち割光セットです。

家族割引サービスから案内させて頂きます。

  • 家族で申し込みした場合に2回線目から1,080円値引きとなります。(最大9回線)
  • 別性でも同一住所であれば家族割引の対象となる
  • 別住所でも家族確認書類があれば家族割引の対象となる

おうち割光セット

「ソフトバンク光」「SoftBank Air」とワイモバイルの契約を行った場合、おうち割引セットの対象となります。

  • 家族割引と異なり1回線から1,080円値引きとなります。(最大10回線)
  • 家族割引と重複しての割引は適用されません。
  • 旧プランのスマホベーシックプランを使用の方は値引き額が異なります。

テザリングの有効活用

 

料金が安くなったことによりテザリングの活用も大幅に広がります。

テザリング機能はご存知の方でも通信量を考えると躊躇していた方も多いのではないでしょうか

ポケットwifiとまでいかないにしても、大容量が安くなった新プラン料金であればテザリングでも活用できるレベルではないでしょうか

外出先でノートPCを利用するケースが増えている中、有効に活用できそうですね

 

ねこ
ねこ
使い放題ではないので使いすぎには注意です!

 

まとめ

 

ワイモバイル新料金プランまとめ
  • 通話の定額プランはオプションへ変更された
  • 家族で申し込みした2回線目から1,080円値引き(最大9回線)
  • 「ソフトバンク光」「SoftBank Air」と合わせて申し込みで1回線から1,080円値引き(最大10回線)
  • 大容量でも格安になった為、テザリングにも有効活用できる

私の家では、家族でワイモバイルを活用し自宅は「ソフトバンク光」を使っています。

今回の新料金プランはワイモバイルを複数台、自宅で「ソフトバンク光」「SoftBank Air」を使っている方であれば大きなメリットのある変更となりました。

ワイモバイルを使っていない家庭でもソフトバンク光を使っている、もしくはトータル的に節約を考えていらっしゃるのであればワイモバイルを検討してみてはいかがでしょうか