YouTube

木下ゆうかの年収や月収はどれくらい?収入源や総収入を調査!

美人フードファイターの木下ゆうかさんですが、YouTuberとして大成功を収めていますね。

木下さんは、中卒で学歴もなく劣等感を感じていたようですが今では、登録者数500万人を超える国内の女性ではトップクラスのYouTuberです。

今回は、気になる木下ゆうかさんの年収や収入源について調査しました。

木下ゆうかの年収と収入源は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

木下ゆうか(@yuka_kinoshita_0204)がシェアした投稿

木下ゆうかさんの年収は1,100万円と考えれられます。

木下ゆうかさんの収入源に関しては以下の4つがありそうです。

  1. YouTube広告収入
  2. YouTube企業案件
  3. グッズ売り上げ
  4. 書籍販売

それでは驚きの収入と年収の根拠を調査していきたいと思います。

木下ゆうかのYouTubeの広告収入は?

■初回動画投稿:2014年5月29日

■投稿数:2,294本

■登録者数:545万人

■再生回数:2,160,970,074 回

■デイリー再生回数:91,592回

■データ確認日:2022年5月19日

木下ゆうかさんのチャンネルの再生回数を紹介させて頂きました。

添付の動画は2017年のもので人気NO.1のものですが再生回数は驚異の2,000万回超えです。

現在は一時期の爆発的な再生回数はなさそうです。

2020年にUUUMを退社していらっしゃいますが、多少なりとも影響は出ているのかもしれませんね。

YouTubeで収益を得るためには、チャンネル登録者数1000人以上、年間再生数4000時間以上というのが最低条件。この条件をクリアしても、広告収入は1再生あたり0.05~0.1円程度だ。

引用:PRESIDENT Online

YouTubeの広告収入は再生数に以下のような単価が影響してきます。単価は、チャンネルの評価・実績・動画時間などでも異なってくるようです。

木下ゆうかさんは、実績もあることから単価を0.1円で計算していきたいと思います。

チャンネルのデイリー再生回数:91,592回

月間再生回数:2,747,760回

2,747,760回 × 0.1円 = 274,776円

YouTubeでの広告年収は3,297,312となりました。

木下ゆうかのYouTubeの企業案件収入は?

YouTubeは広告収入の他に企業案件の収入があります。

企業案件とは、企業がYouTuberと呼ばれる方々に依頼をし、チャンネルの動画内で自社のサービスや商品を宣伝してもらうといったものです。

木下さんの場合、企業案件というよりも企業とタイアップするケースが多いようです。過去には以下のような企業とタイアップ企画を行っています。

  • 丸亀製麺
  • 吉野家
  • 協同乳業
  • 大江戸温泉物語 他

チャンネル登録者数から算出する場合

YouTuberのチャンネル登録者数から算出する場合は、およそ「チャンネル登録者数×3~5円」ほどが相場となっています。

動画の平均視聴回数から算出する場合

YouTubeが普段投稿している動画の平均視聴回数から算出する場合もあります。

この場合は「動画の平均視聴回数×5円~10円」ほどが相場です。

引用:KNOK

企業案件の金額設定はいくつかあるようですが今回は、チャンネルの登録数から算出してみたいと思います。

木下さんの場合はタイアップ企画ということで少し安く見積もり1円で計算、年間10件の企業案件で仮定して計算していきたいと思います。

企業(タイアップ)案件:10件

チャンネル登録者数:545万人

10件 × 5,450,000人 × 1円 = 5,450,000円

YouTubeの企業案件年収は5,450,000円となりました。

木下ゆうかのグッズ売り上げ収入は?

グッズは多く見積もって広告の約1/5です。海外大物YouTuberとは広告と物販の収益の比がちょうど逆転しています。

引用:ypsilonmagazine

木下さんは、UUUM所属時代はアパレル商品を積極的に販売していたようですが現在は、あまり販売していないようです。

KANGOLとのコラボもあったようですが1年ほど前ということもあり今回は収入には含みません。

グッズ売上での年収は0円となりました。

木下ゆうかの書籍販売の収入は?

木下さんのこの1年間の書籍を調べたところ、1冊のフォトブックが販売されていました。

  • 木下ゆうか 写真集 ゆうかとごはん(2021/7/23) 2,640円(税込)

本や音楽などには著作権があります。それらを販売したことによる収益の一部を、版権を有する会社(出版社など)が著作者(著者や作詞・作曲者など)に支払うもの。それが印税です。印税率は著者と出版社の間で決定します。

一般的な印税率の相場は5~10%

引用:風詠社

発売されて1年以内ですので1万冊売れていると仮定、印税は一般的によく言われている10%で計算してみたいと思います。

2,640円 × 1万冊 = 26,400,000円

26,400,000円 × 10% = 2,640,000

書籍販売での年収は2,640,000となりました。

木下ゆうかの月収はいくら?

木下ゆうかさんの各収入源を調査してきましたが以下の通りとなりました。

YouTube広告年収:3,297,312円

YouTube企業案件年収:5,450,000円

グッズ売上年収:0円

書籍販売年収:2,640,000円

木下さんは他にもInstagramやTikTokから企業案件を獲得しているようなので、更にプラスがありますが、今回の算出では以下のようになりました。

ネット上では木下さんの年収を億越えと算出していらっしゃる方もいますが現在は、少し落ち着いている感じはします。それでも、かなり凄い金額ですけどね。

かなり稼いでこられてきたので少しだけセーブしていらっしゃるのかもしれません。

年収:11,387,312円

11,387,312円 ÷ 12ヶ月 = 948,942円

木下ゆうかさんの月収は約95万円となりました。

まとめ

今回は「木下ゆうかの年収や月収はどれくらい?収入源や総収入を調査!」について記事を書かせて頂きました。

YouTubeのチャンネルを開設して8年ほど経ちますが、投稿はまだまだ精力的に頑張っていらっしゃいます。

本当に食べることが大好きだということがわかりますね。

木下ゆうかさんの益々の活躍を期待したいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。