年収(YouTuber)

バヤシ/Bayashi(YouTuber)の年収や月収は?収入源や総収入を調査!

「観るとお腹が減る」のコメントが殺到しているバヤシさんの料理動画ですがYouTubeを開設して1年で登録者が急増しています。

収益化も進んでいるバヤシさんの収入が気になりますよね。

今回は、バヤシさんの年収や収入源について調査しました。

バヤシ/Bayashiの年収と収入源は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bayashi_バヤシ(@bayashi_tv)がシェアした投稿

バヤシさんの年収は約1億8100万円と考えれられます。

バヤシさんの収入源に関しては以下の3つがありそうです。

  1. YouTube
  2. 書籍販売
  3. TikTokの収入

それでは驚きの収入と年収の根拠を調査していきたいと思います。

バヤシ/BayashiのYouTubeによる収入は?

一時期に比べると競合が激しくなり、稼ぐのが厳しくなったとされるYouTubeですが、YouTubeとTikTokを主軸としているバヤシさんにとってはかなりの収入源になっているようです。

①YouTube広告収入

■登録日:2021年1月26日

■投稿数:523本

■登録者数:202万人

■再生回数:742,801,283回

■デイリー再生回数: 22,796,948回

■データ確認日:2022年5月15日

バヤシさんのチャンネルの再生回数を紹介させて頂きました。

添付の動画は、バヤシさんの人気動画で『【ASMR】CHEESE DOG & FRIED CHICKEN チーズドッグ & フライドチキンですが再生回数は26万回再生超えです。

YouTubeで収益を得るためには、チャンネル登録者数1000人以上、年間再生数4000時間以上というのが最低条件。この条件をクリアしても、広告収入は1再生あたり0.05~0.1円程度だ。

引用:PRESIDENT Online

YouTubeの広告収入は、1再生あたりの単価が影響してきます。単価は、チャンネルの評価・実績・動画時間などでも異なってくるようです。

収益化が明確になっていないショート動画を抜くと再生回数は10%ぐらいではないでしょうか。

バヤシさんの動画は、単価を0.1円で計算していきたいと思います。(機材代、編集費用、スタッフ代などの経費に関してはバラつきがあるため今回の試算から省きます。)

チャンネルのデイリー再生回数:2200万回

2200万回×10%(ショート抜き)=220万回

6600万回(月間再生数)×0.1円(単価)=660万円(月間)

YouTubeでの広告年収は約7920万となりました。

②企業案件収入

YouTubeの収入の中でも大きな収益が見込めるものとして企業案件の収入があります。

企業案件とは、企業がYouTuberと呼ばれる方々に依頼をし、チャンネルの動画内で自社のサービスや商品を宣伝してもらうといったものです。

しかし、バヤシさんのYouTubeからは企業案件らしきものは見つけることができませんでした。

短尺の動画が多い中、企業側も依頼しにくいのかもしれませんね。

YouTubeの企業案件年収は0となりました。

バヤシ/Bayashiの書籍販売による収入は?

バヤシさんの書籍を調べたところ、1冊販売されていました。

  • 飯テロなのに、お腹が凹む究極めし バヤシの超低糖質レシピ 1,540円(税込)

本や音楽などには著作権があります。それらを販売したことによる収益の一部を、版権を有する会社(出版社など)が著作者(著者や作詞・作曲者など)に支払うもの。それが印税です。印税率は著者と出版社の間で決定します。

一般的な印税率の相場は5~10%

引用:風詠社

発売されたばかりですのでYouTube登録者の1%である年間2万冊売れていると仮定します。

印税は一般的によく言われている10%で計算してみたいと思います。

1540円(本価格)×2万冊(販売数)=3080万円

3080万円×10%(印税)=308万

書籍販売での年収は約310万となりました。

バヤシ/BayashiのTikTokによる収入は?

これまでTikTokにて収入を得る方法は、YouTubeなどへの誘導などが主でした。

明らかになっていないものもありますが、2021年の仕組化によりTikTokで収入を得ることができるようになっています。

①投げ銭 (TikTok LIVE ギフティング)

@bayashi.tiktok #tiktokfood #roastbeef #asmr ♬ オリジナル楽曲 – バヤシ🥑Bayashi

TikTok上で収益化を図っていない方もいますが、フォロワー数が多いほど収入を得ていると考える方が普通でしょう。

フォロワー数の1%が1日に1回投げ銭を行い、利益率は30%で計算してみたいと思います。

LIVEは月に1回と仮定します。

2730万人(TikTokフォロワー)×1%(投げ銭者)×100円=2730万円

2730万円×30%(利益率)=819万円

819万円×12回=9828万円

TikTok投げ銭での年収は約9830万となりました。

②TikTokの企業案件

バヤシさんのTikTokからは企業案件らしきものは見つけることができませんでした。

バヤシさんがTikTokを始めた頃には、収益化の方法がなかったため、バヤシさんはTikTokの動画からYouTubeに流入を行い、YouTubeで収益を得ていたと予想しています。

TikTok企業案件での年収は0円となりました。 

バヤシ/Bayashiの月収はいくら?

バヤシさんの各収入源を調査してきましたが以下の通りとなりました。

YouTube広告年収:約7920万円

YouTube企業案件年収:0円

書籍販売年収:約310万円

TikTok投げ銭:約9830万円

TikTok企業案件:0円

今回、バヤシさんの驚きの収入がわかりました。

2021年12月7日にバヤシさんは、テレビ東京の「レベチな人、見つけた」に出演しています。その際の年収を「サラリーマンと同じくらい」と回答されています。

その後にYouTubeを開設していらっしゃいますから現在はとんでもないことが起きている状況ではないでしょうか。

もちろん、予想年収としてお楽しみ下さい!

合計年収:1億8060万円

1億8060万円 ÷ 12ヶ月 = 1505万円

バヤシさんの月収は約1510万円となりました。

さいごに

今回は「バヤシ/Bayashi(YouTuber)の年収や月収は?収入源や総収入を調査!」について記事を書かせて頂きました。

収益化が進んだことでバヤシさんも次の展開を考えていくのではないでしょうか。

今後の活動が楽しみですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。