エンタメ

しもにー(パタパタママ)のプロフィール!家族や年収も調査!

最近、YouTubeでバイク好き芸人としてバッドボーイズの佐田さんや、オリラジの藤森さん達と活躍中のしもにーことバタパタママの下畑博文さんが話題です。

コンビで「水曜日のダウンタウン」にも出演を果たして知名度も上がりつつあります。

今回は気になるパタパタママのしもにーについて

・しもにーのプロフィール

・しもにーの家族

・しもにーの年収!

以上のテーマで記事を書かせて頂きます。

しもにーのプロフィール

名前 下畑博史(しもはたひろふみ)
生年月日 1973年01月20日
身長/体重 169cm/58kg
血液型 A型
出身地 福岡県北九州市
最終学歴 日本経済大学(旧 第一経済大学)
趣味 バイク/ギター/釣り/サーフィン/ゴルフ

福岡の中でも少しガラが悪いとされる北九州出身ということもあり、元暴走族という噂もありますが全く違うようです。大学を卒業していますし、学生時代はロン毛でバンド活動を行っていたようです。好きなアーティストは甲本ヒロトさんのようです。

福岡吉本の7期生として芸人活動を開始していますが、大阪吉本の同期には品川庄司ハチミツ次郎さん、笑い飯の西田さんなどがいるそうです。

全国的にはほとんど知名度のない、しもにーですが福岡ローカルではレギュラー番組を持ち知名度は高かった芸人さんです。

元々、東京への憧れがあったようですが福岡吉本の博多華丸大吉バッドボーイズが先に東京進出していたこと、相方の木下さんが決意したこともあり2011年に東京進出したようです。

お笑いとしては仕事がほとんどなく、仲の良い千原ジュニアさん絡みで仕事をもらったりしていますが基本は今でも配食などのアルバイトをやっているようです。

しかし、本人も言っている小ラッキーの持ち主であり、昨年から始めた自身のYouTubeチャンネルもバッドボーイズの佐田総長効果で再生数がかなり増えつつあります。

特に旧車動画は露骨に再生回数が上がっています。しもにーは多趣味なので今後も色んな企画で再生回数を上げてくるでしょう。

YouTubeとしもにーの相性は抜群だと思います。

「水曜日のダウンタウン」にも脱出企画で出演し始めているので、今年は48歳の遅咲きブレイクがあるかもしれません。

佐田総長(バッドボーイズ)のヤマハXJはどんなバイク?価格は?中古車市場から消えた旧車バイクがあります。 そのバイクはヤマハXJ400です。 何故、中古車市場から消えたのか?コロナ禍の影...

しもにーの家族

しもにーは2011年に東京進出する前から結婚しています。

奥様は一般の方なので情報がありませんでしたが恐らく、九州出身の方で間違いないかと思います。

熊本のスイカが届いている動画があったので熊本出身では?と思いましたが送り主は、しもにーの友人のようです。

お子さんは、小学二年生のにこちゃんがいます。YouTubeチャンネルにも登場していますが、しもにーが溺愛しているのがわかります。

きっと仲良し家族なのでしょうね。

しもにーの年収!

 

この投稿をInstagramで見る

 

下畑 博文(@shimo.nii)がシェアした投稿

しもにーの収入の柱は➀お笑い芸人➁アルバイト➂YouTube広告費(約1年前に開設)になるかと思います。

収入を計算してみます。

➀月100,000円 × 12ヶ月 = 1,200,000万円

➁月200,000円 × 12ヶ月 = 2,400,000円

➂5,700,000回再生 × 0.1円 = 570,000円

➀ + ➁ + ➂ = 4,170,000万円

YouTubeに関しては、ここから経費がかかってきます。税金も考えると 恐らく現段階の収入は300~400万円代ではないかと予想します。

奥様も働いていらっしゃるということなので、今は何とかやっていけるでしょう。

しかし、しもにーは名前が売れ、ブレイクの兆しが見えています。今年は収入も大きく上がりそうな勢いです。

ちなみに相方の木下さんもアルバイト生活のようです。

まとめ

今回は「しもにー(パタパタママ)のプロフィール!家族や年収も調査!」について記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

  • しもにーは学生時代、ロン毛でバンド活動をしていた
  • 福岡吉本の7期生で同期には品川庄司、ハチミツ次郎などがいる
  • 2011年に東京進出を果たすが現状はアルバイトとお笑いの兼業
  • 結婚していた小学二年生の娘さん「にこちゃん」がいる
  • 年収は➀お笑い➁アルバイト➂YouTubeを合わせても現状は300万円代と予測するが今年は大きく上がる勢い

社交的で愛されキャラのしもにーですが、周りの仲間に恵まれてここまで来たように感じます。

自身を小ラッキーと例えていますが、今年はブレイクを期待します。

最後までお読み頂きありがとうございました。