プロレス・格闘技

朱崇花(あすか)はタイガークィーン?家族や性転換手術についても調査!

性同一性障害を公表しているジェンダーレスプロレスラー朱崇花(あすか)さんをご存知でしょうか?

恵まれた体格で、空中殺法も使いこなす朱崇花さんですが、実は話題のタイガークィーンではないか?との噂になっています。

朱崇花さんの家族や、性転換手術についても気になりますよね。

今回は以下のテーマで記事を書かせて頂きます。

・朱崇花のプロフィール

・朱崇花はタイガークィーン?

・朱崇花の家族

・朱崇花の性転換手術

朱崇花のプロフィール

名前 朱崇花
生年月日 1998年10月27日(22歳:2021年9月現在)
出身 宮城県気仙沼市出
身長 174cm
体重 68kg
出身校 仙台育英高校退学 → 通信制高校

朱崇花さんは、見た目は女性ですが男性として生を受けています。

幼少の頃から男子の好きなサッカーやカードゲームに誘われるのがイヤで、お姉さんの服を着たりお人形遊びをしたりするのが好きだったようです。

小学2、3年生の時にテレビでハッスルの浜田文子さんの試合を観てプロレスに憧れ、レスリングを始めたそうです。

少しプロレス雑学ですが、プロレス好きの方には、知られていることですが浜田文子さんはグラン浜田さんの娘さんですね。

お母さんからすると、少し女性っぽい朱崇花さんだっただけに男らしいレスリングスを選んでくれて喜ばれたそうです。親としては心配してしまうのも理解できます。

15歳からは憧れていた浜田文子さんが所属するプロレスリングWAVEに入門を果たし、その後に病院で検査を受けた結果、性同一性障害と診断されたそうです。

通っていた高校にはカミングアウトして、レスリングで推薦入学していましたがレスリングも辞めて、本当に好きなプロレスに打ち込むことになったのようですね。

日本のリングでは朱崇花ですが、米国ではASUKAがいるため、VENYの名前で活動しています。

日本人初の快挙!WWEのASUKA(アスカ)がグランドスラム達成WWEのASUKA(アスカ)がロウ、スマックダウン、NXT、女子タッグとWWEすべての女子王座を獲得する「グランドスラム」を達成しました...
多団体戦国時代に突入した女子プロレス団体【人気ランキング2020】日本のプロレスブームが再燃している中、女子プロレスも活躍の場を増やしている。現にメディアで女子プロレスラーを見かけることが多くなってきた...

朱崇花の好みのタイプは?

朱崇花さんの好きなタイプはもちろん男性です。

  • 年上で強い男性に惹かれる
  • 優しくされないとすごく嫌で、優しくされ過ぎると『うぜーな』ってなるサバサバ系
  • 少し前まで藤木直人さんとかが揺るぎなく一位だったんですけど、最近は中村倫也さんが好き
  • ちょい前まではソース顔が好きだったんですけど、最近は塩が好き

普通の女性と何も変わらないですよね。ただし、気になった人には自分から行ってしまうようです。

レスラーなのでどうしても攻撃型になるのでしょうか。(笑)

好みを見ていると何となく、同業のプロレスラーが合っているようにも感じます。仕事に対しても当然、理解しているのでうまくいきそうですよね。

朱崇花はタイガークィーン?

7月29日にデビューを果たしたタイガークィーンですが、タイガーステップやソバットはのキレは素晴らしく、初代タイガーマスクを彷彿させる姿に感動した方も多いのではないでしょうか。

このタイガークィーンの正体が朱崇花さんでは?とネット上で話題になっています。確かに身長や体型も似ていますし、空中殺法を使うあたりは共通点がありそうです。

タイガークィーンの試合日には、朱崇花さんの試合は組まれていないのも裏付けになるかもしれません。

朱崇花さんがタイガークィーンである可能性はありそうですが、謎のベールに包まれた喋らないマスクマンなので正体がはっきりするまでは、もう少し時間がかかりそうです。

朱崇花の家族

ご両親はプロレスラーとしての朱崇花さんをすごく応援していらっしゃるようです。

お父さんは格闘技家ではあったようですが、女子プロレスのことはあまりわからなかったようです。

しかし、朱崇花選手がプロレスに興味を持ってからは地元の「仙台女子プロレス」に頻繁に連れていってくれたようです。とても子供思いのお父さんですよね。

残念ながら現在は離婚していらっしゃるようです。

SNSを見ると3姉妹で写っている写真がありました。とてもきれいなお姉さんが二人いらっしゃるようです。誕生日を姉妹でお祝いするほど仲がいいようですね。

朱崇花の性転換手術

朱崇花さんはホルモン治療も性転換手術も行っていません。

本人としても本当の女性になりたいようですが、手術をしていない理由としてはいくつかあるようです。

  1. プロレスを16歳から始め年齢的にも本格的な治療が難しかった
  2. プロレスを続けている以上、身体にメスを入れることは危険を伴う
  3. 胸を入れたとしても、技の攻防で破裂する可能性がある

手術をするのは、プロレスを引退してからと考えているようで、今は自然な身体のままそこまで女性に近づけるか考えているそうです。

ホルモン治療していないのに、見た目はきれいな女性ですよね。インスタグラムで投稿するだけでなく、カメラマンにも撮影されるスポーツですので普段から、かなり手入れをされているのではないでしょうか。

とにかく、今はプロレス第一優先で考えていらっしゃるのでしょうね。

まとめ

今回は「朱崇花(あすか)はタイガークィーン?家族や性転換手術についても調査!」について記事を書かせて頂きました。

最後にまとめです。

●朱崇花さんは、見た目は女性ですが男性として生を受けている

●小学2、3年生の時にテレビでハッスルの浜田文子さんの試合を観てプロレスに憧れた

●朱崇花さんの好きなタイプはもちろん男性

●年上で強い男性に惹かれる、最近は中村倫也さんが好き

●タイガークィーンと朱崇花さんは共通点が多いが現段階ではベールに包まれたタイガークィーンの正体はわからない

●朱崇花さんはホルモン治療も性転換手術も行っていない

今回はリングの上ではカッコよく、普段はとても綺麗な朱崇花さんについて記事を書かせて頂きました。

タイガークィーンの正体は今のところ、わかりませんが朱崇花さんと比較しながらプロレスを観戦するとより楽しめるのではないでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。