スポーツ

佐々木麟太郎のwiki風プロフィール!経歴や家族は?スカウトも調査!

花巻東高校にまた新たなスターが誕生しました。

高校入学から半年あまりで放った本塁打は47本と量産しているのが花巻東の1年生一塁手の佐々木麟太郎選手です。

今回は気になる佐々木麟太郎選手について

以下のテーマで記事を書かせて頂きます。

・佐々木麟太郎のwiki風プロフィール

・佐々木麟太郎の活躍

・佐々木麟太郎の家族

・佐々木麟太郎のスカウト

佐々木麟太郎のwiki風プロフィール

佐々木麟太郎のプロフィール

名前:佐々木麟太郎(ささきりんたろう)

生年月日:2005年4月18日

出身:岩手県

身長:183cm

体重:117kg

出身校:花巻東高校

投打:右投左打

古風な名前は、社会科教諭の父 佐々木洋監督が好きな勝海舟の幼名から付けられたそうです。

幼少から野球を始めたようですが、小さな頃から体格に恵まれていたようで、早くからバッターとして頭角を現したようです。

北上立江釣子小学校 (江釣子スポーツ少年団)

北上立江釣子中学校 (金ケ崎リトルシニア)

金ケ崎リトルシニア時代、大谷選手(エンゼルス)の父・徹監督の指導により大谷選手も学んだ野球の基礎やメソッドをしっかりと叩き込まれた後に、自身の父でもある佐々木洋監督のいる花巻東高校に進学したそうです。

花巻東高校を選んだのは、父が監督だからではなく、小さい頃から花巻東の野球を見てきたからだそうです。

菊池雄星選手や大谷選手の影響も大きかったのではないでしょうか。

高校入学からすぐにベンチ入りを果たし、半年あまりで本塁打は47本。高校歴代最多の本塁打記録を持つ清宮幸太郎選手を上回るペースというから驚きです。

アッパー気味のスイングは憧れのバリー・ボンズを参考にしているようです。

花巻東高校から3人目のメジャーリーガーが出る可能性が高いのではないでしょうか。

佐々木麟太郎の活躍

佐々木選手の活躍は、新聞記者も常に注目しています。

大谷選手出身の花巻東高校、父は佐々木洋監督でホームランは清宮幸太郎選手を上回るペースとなれば記者も放ってはおかないでしょう。

11月からは佐々木選手にとって初めてとなる全国舞台となる明治神宮大会が始まります。また本塁打を打ちまくって、全国にその名を轟かせて欲しいですね。

佐々木麟太郎の家族

前述していますように佐々木選手の父は、花巻東高校の佐々木洋監督です。

兄弟に関しては現在、情報が掴めておりません。

唯一、佐々木選手が長男ということだけはわかっています。弟や妹がいるのかわかりませんがもし、弟がいるのであれば同じく野球をやっているのではないでしょうか。

情報が入り次第、追記させて頂きます。

佐々木麟太郎のスカウト

高校1年生にして既に多くの球団から注目されている佐々木選手ですが、試合になると多くのスカウトも視察を行いコメントを残しています。

西武・水沢英樹スカウト

「センターから逆方向に打ったのは、何回も見ている」

DeNA・欠端スカウト

「タイミングの取り方がうまいし、パワーもある。再来年が楽しみだね。3年で300本打つのでは?」

中日・八木智哉スカウト

「中学から高校に上がってまだ数か月なのに、あれだけシャープに振れる1年生はなかなかいない。規格外じゃないですか。しっかりと自分のツボを知っているスイング。素晴らしい選手ですね」

素晴らしく高評価のコメントばかりですが、他球団ではバッターとしての評価はしながらも、守備や走塁に関しては冷静に見ているところもあるようです。

まだ1年ですから伸びしろはたっぷりあるではないでしょうか。

まとめ

今回は「佐々木麟太郎のwiki風プロフィール!戦歴や家族は?スカウトも調査!」について記事を書かせて頂きました。

またまた楽しみな選手が出てきましたね。

今後、甲子園でも間違いなく活躍する佐々木麟太郎選手をしっかりとチェックしておきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。